何事モ徒然ナルママニ...。

2015年10月24日土曜日

Petit tour

10月17日土曜日、市内では待ちに待った秋田オクトーバーフェストだったのですが、朝から観光バスツアーに参加してプチ旅行。
日帰りで、五城目町を経由して、能代市から日本海沿いに北上し、青森県鰺ヶ沢まで行ってきました(・∀・)。
 
 
秋田駅東口を出発したバスは、「一白水成」で有名な五城目町にある造り酒屋「福禄寿」さんへ。
江戸・元禄元年(1688年)創業だけあって、貫禄ある佇まいです。
 

「蔵の和は最高の品質を造るものなり」
何事にも通じる名言ですね。

蔵では仕込みの真っ最中。
酒米を蒸す良い香りに満ちていました。
そんな真っ最中に見学させてもらって良かったのかしらと、ちょっと恐縮しちゃいます。

造り酒屋を見学すれば当然待っているのは試飲タイム(・∀・)
流石に一白水成は無理でしたが(笑)、写真左から
  十五代彦兵衛純米大吟醸
  大吟醸福禄寿
  十五代彦兵衛純米吟醸
  十五代彦兵衛純米酒
をそれぞれ頂いてきました(ありがとうございました。)。
個人的好みとしては、左から3番目の純米吟醸(青ラベル)がヒット。
1本購入したのですが、バスの中でお昼前に飲み干してしまいました(*^^*)

福禄寿さんのあとは、青森県深浦町にある十二湖を散策。
快晴の下、少し早めの紅葉を楽しんできました。
もしかしたら今週当たりが見頃なのかもしれませんね。

散策の後は、同じく深浦町にあるウェスパ椿山に立ち寄り、お昼ごはん。
芝生の上で、碧い海を眺めながら、豪華なお弁当を頂きました(*^^*)

こちらは、お昼の後に立ち寄った千畳敷。
藩政時代には殿様専用の避暑地だったとか。
この日は岩の上を散策する人たちが沢山。
何かを観察しているのか、親子連れの姿が多くありました。
かもめも気持ちよさそう。
  
さて、深浦町を堪能したあとは、折り返し地点の鰺ヶ沢へ。
鰺ヶ沢といえば「安東水軍」で有名な造り酒屋「尾崎酒造」さんがあります。
通りに面した部分は、まるで古い集合アパートを思わせる佇まい。
あれれーと中に入れば、奥には萬延元年(1860年)だけあって、木造の蔵が現れました。

仕込みは11月からだそうで、中はまだシ~ンと静まり返っていました。



一通り見学させてもらったあとは、お楽しみの試飲。
こちらでは、瓶詰め機の横で
   安東水軍特別純米酒
   安東水軍山廃純米酒
   吟 神の座(吟醸)
の3種類を頂きました(*^^*)。ご馳走様でしたm(_ _)m。
個人的なお気に入りは山廃。購入したのは言うまでもありません(笑)。
  
そして忘れては行けないのは鰺ヶ沢の特別住民&特別観光大使「わさお」!
元気に七里長浜きくや商店の番犬をお嫁さんの「つばき」ちゃん、野良にゃん警備隊と一緒に務めていました(*^^*)。

 
楽しい観光はここまで。
帰りのバス車内は、夕陽を愛でるのも忘れるくらい、飲めや歌えやの大宴会で、そりゃもう大盛り上がりでした〜(笑)。
 
職場の旅行会が盛んだった頃は、一泊でこうした旅行をしたものですが、今はそういうのもなくなったので、秋田の楽しい思い出の一つになった気がします。
一人旅も良いですが、こうして知らない者同士が集い、愉しくわいわいやる旅行も良いものです。
 
機会があれば、またいつか、どこかで参加してみたいと思います(・∀・)。
  

きくや商店からの日本海

帰路、千畳敷の夕焼け