何事モ徒然ナルママニ...。

2015年7月30日木曜日

Pipe cutting

少し前のことですが、7/12、青猫4号(BD-1)のハンドルバーの両端を15mmずつカットしました。結果、ハンドルバーの幅が、520mmから490mmになり、より街乗りがしやすくなった気がします。
 
カットした理由は、購入してからずっと、あと数センチだけハンドル幅が狭ければ腕と肩が楽なのになぁと、ずっとハンドル幅に違和感を感じていたのと、街中を走る際、ほんの数センチの差で危険を感じる場合が少なくなかったので、いつかハンドル幅を狭くしたいと考え続けていたからでした。

ハンドル幅を狭くする方法としては、当初、幅460mmのハンドルバーを購入して換装しようと思っていました。しかし、その場合、ハンドルバーに取り付けているリフロントバック、ポータブルナビ、ベルの各アタッチメントが、ブレーキやチェンジレバーに干渉してしまうので、更にグリップをショートタイプに換装する必要がありました。
しかし、ショートタイプは、主にグリップシフトのママチャリや子供用自転車向けのシリコンゴム製が主流なので、なかなか気に入れそうなものが見つけられませんでした。
それに、今使っている合革張りのグリップが気に入っているので、この際、換装ではなく、思い切ってハンドルバーのパイプをカットすることにした次第でした。
 
カットに使用したのはこちらのパイプカッター。
近所のホームセンターで購入したものですが、外径3mmから32mmまで対応してくれるのに、千円ちょっととリーズナブル。
決め手は、替刃の入手し易さとバリ取りを内蔵していたこと。
値段だけならより小型かつ約半値ものも並んでいたんだけど、対応経が最大22mmだったため汎用性を考慮して断念(で、次は何を切る・・・予定は?(ーー;))。
 

まずは、グリップを外します。
私の使っているグリップはボルトオンタイプなので、ヘキサゴンレンチでボルトを緩めればするりと外れます。
パイプがむき出しになったら、定規と鉛筆でカットする位置にマーキング。
マーキング位置に刃を軽く当てたら、左右にズレないように注意しながら、ゆっくりと刃を一周させてパイプに軽く溝をつける。
一周したら、少し刃を締め込んで、もう一周。
2〜3周すると、刃が左右にずれない程度に溝が深くなるので、あとはこの溝をガイドに一気に裁断。
締めてはぐるり、締めてはぐるりを繰り返していると、、、。

パキッ!

と、小気味良い金属音がして、プラプラの状態に。
ただ、プラプラさせたままカットを続けると、固定しているローラーが外れて刃の位置がズレてしまうので、 刃の位置がズレないように外れかけたパイプを真っ直ぐになるように抑えて、残りの部分をカット。
綺麗に切り取れたら、本体側のパイプのバリを削り取ればカット作業終了。
 
最後に、グリップを仮固定して、ブレーキレバーなどの位置を決め、本固定。
ブレーキレバーやチェンジレバーを固定したら、グリップを本固定して全体作業が終了。
 
道具さえあれば決して難しくないし、作業時間は30〜40分もあれば十分なので、購入時のままだとハンドル幅がありすぎるなーと感じている場合はオススメの作業だと思いました。