何事モ徒然ナルママニ...。

2015年7月18日土曜日

BELGIAN BEER WEEKEND in SENDAI


7月の三連休、ちよっと懐かしいメンバーと仙台で会う機会を持てたので、みんなで仙台のベルギービールウィークエンドへ行ってきました。
会場は宮城県庁前の勾当台公園内。着いたのはまだまだ明るい午後4時頃。
時折小雨が振る生憎の天候でしたが、それでも蒸し暑い、ビールが美味しく飲める環境でしたので、専用グラスと飲食用コインを購入した後は、テント下ではなく、当然のようにテントなしのテーブルを確保。
昔話に花を咲かせながら、ベルギービールを楽しんできました。
 
出展されたビールは、イベントカタログによれば11タイプ44種類+αでしたが、私が飲んだのは
  • ビーケン(8.5%)
  • マレッツ・トリプル(10%)
  • ベルジャンコーストIPA(7%)
  • レフ・ブラウン(6.5%)
の4種類。
  • ビーケンはボーレンス醸造所のスペシャルビール。キリッとスパイシーないつものお気に入りビールです。
  • マレッツのトリプルは仙台初上陸だとか。マレッツ修道院のレシピで造られるアビィ・ビールで、濃いオレンジ色。ビーケンの後に飲むと、柑橘系の香りがとても重厚に感じられました。
  • ベルジャンコーストIPAは、ただ苦いだけでなく、とても爽やかな飲み口で、今回だけはビーケンより好きになりました。こちらはサンフーヤン醸造所とサンディエゴのグリーンフラッシュブリューイングとのコラボレーションだそうで、今回初めて知りました。
  • レフ・ブラウンは、レフ修道院のレシピで造られるアビィビール。マレッツ修道院は19世紀かららしいですが、このレフ修道院は13世紀には醸造を始めていたそうです。カラメルやシナモンのような香りは、デザートにも良く合うと思います。
今年のベルギービールウィークエンド開催都市は7つ。
仙台は6都市目で、最後の7都市目は東京・六本木ヒルズアリーナ、9/15〜23開催だそうです。